───解放しろ、全てを。

吉祥寺駅徒歩1分の海鮮丼 まぐろのなかだ屋

スポンサードリンク

おはょぅι ゙ょ!

 

───吉祥寺

 

僕がその町の名前を知ったのは中学生の頃でした

"ろくでなしBLUES"という漫画をお尻でしょうか?

必殺技のローリングソバットを武器にボクサーを目指すヤンキー高校生が、「ボクシングでは足技のソバットは使えない」ということに気づいて苦悩する物語です。

その漫画の舞台が、吉祥寺だったわけですね

 

ちなみに「ローリングソバット」というのは空中で体を捻って放つ後ろ蹴りのことです

当時中学生の僕は(え…?ようじょは……?)トイレで便器たちに向かってそれを披露したんですけど、濡れた床に滑って地面に膝を強打したのを覚えています(ようじょ…?よう…じょ…)

トイレの床に伏して悶絶してる僕を、便器たちは陶器のように冷めた表情で見下ろしていました

 

補足ですが、トイレの床が濡れていたのは手洗い場付近だったからであり、決して撒き散らされたオシッコでズッコケたわけではありません。補足です。大事なことなので。

まぐろのなかだ屋

そんな僕の思い出の街である吉祥寺に、まぐろのなかだ屋はあります

ワイ的なかだ屋の推しポイントは、

・早い

・うまい

・安い

ですね(牛丼屋かな?)

 

まあ牛丼屋というのは冗談じゃなく、僕のこの店のお気に入りポイントは上に挙げたようなファストフード的側面なんですね

パッと出てきてパッと食える

丼って食べ終えるの早いよね

 

駅から徒歩1分という好立地で、看板メニューの"漬け丼"(600円台)をはじめとする海鮮丼たちが注文から2分くらいで出てきます

漬け丼だったら10秒くらいで出てくることもある牛丼屋も真っ青な爆速配膳

 

店内は全席カウンターで、17時まで禁煙。ただ「17時以降も遠慮してね」的な貼り紙があるので、遠慮してね。

 

店に入って席に着くと、まず謎のスープが出されます

f:id:release_all:20180626195014j:image

真ん中のやつ。これがうまい。この店で一番美味いまである。海鮮の何かで出汁をとってるような気がしますが、謎です。そして注文

 

僕は三品丼(サンピンドン)を頼むことが多いですね

f:id:release_all:20180626193823j:image

なぜならホタテが入ってるから。

f:id:release_all:20180626193848j:image

 

あぁ^〜

 

最初サンシナ丼って読んでたんですが、優しい店員に当たった時に


「サンシナ丼ください」
「イヨッ!サンピンドン一丁!」


と優しく教えてくれました

 

吉祥寺に立ち寄ることがあったら、ぜひ思い出してみてください